SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはGlobalSign社のSSL証明によって通信の安全が確保されています

丹精こめて〜恵みに感謝 グリーンセンターくまもと

苗半作、青果物の生育は苗の善し悪しで。

「グリーンセンターくまもと」は野菜王国くまもとにおいて、高品質な青果物を生産するために「育苗」という最初の大事な作業工程を担うJA熊本経済連の育苗施設です。生産者の労力の軽減と計画的な青果物の生産出荷ができるよう、均一で優良な野菜苗を生産現場に安定的に供給しています。

グリーンセンター熊本

高い品質は苗作りから

「グリーンセンターくまもと」は、熊本市北区植木町の緑豊かな環境に平成14年に設立されました。36,543m²の広大な敷地内では、年間を通じて、トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン等のナス科を中心に、スイカ、メロン、キュウリ等のウリ科、葉茎菜(ようけいさい)、イチゴ等の野菜苗がすくすくと育っています。

グリーンセンターくまもと

農業の世界では"苗半作"という言葉があり、苗の善し悪しで、その作物の生育の半分以上は決まってしまうといわれています。このように"青果物栽培の肝"である苗作りの工程を、同センターが担うことで、生産者の皆さんは、安心して作物を植える準備やビニールハウス等の準備に専念することができるのです。グリーンセンターくまもとは、生産者が品質の高い青果物を育てられるよう、均一でいきいきとした苗作りを行っています。

グリーンセンターくまもとの皆さん

取材日 平成29年9月25日