SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはGlobalSign社のSSL証明によって通信の安全が確保されています

JAあまくさ オクラ農家 稲田秀敏さん 香代子さん

碧く輝く海を望む天草上島(あまくさかみしま)。島の東海岸に位置する天草市倉岳町(あまくさし くらたけまち)は、不知火海(しらぬいかい)に面した静かな町です。この地でオクラづくりに情熱を注ぐ稲田秀敏(いなだひでとし)さん(58歳)と妻の香代子(かよこ)さん(57歳)。さわやかな潮風が吹きぬける稲田さんのオクラ圃場(ほじょう・水田)には、清楚なクリーム色のオクラの花と、とんがり帽子のようなオクラがそよそよと風に揺れていました。

 

研究を重ね、
オクラづくりに賭けた試行錯誤の日々。

悠々とそびえる倉岳(くらたけ・標高680m)を西に望み、不知火海に浮かぶ島々が見渡せる海辺の町に、稲田さんのオクラ圃場はありました。秀敏さんがオクラづくりを始めたのは30年前。温暖な気候と潮風、そして倉岳の豊かな湧水がオクラづくりにぴったりの環境だと考えたからです。「九州でオクラを作っているところが少なかったこともあり、仲間とともに試行錯誤を重ねました」と当時を振り返ります。オクラはとてもデリケートで、梅雨の長雨により花が落ちたり、花は咲いても実がならないなど、さまざまなトラブルが稲田さんたちを待ち受けていました。そんな中、定植時の温度管理や、肥料を与える回数やタイミングなど、仲間とともに研究を重ねた秀敏さん。一つひとつ困難を乗り越えていくうちに、今では倉岳町は天草一のオクラの産地となりました。「オクラは倉岳町のすばらしい自然と、私たちの情熱が生み出した努力の結晶なんです」。

 

JAあまくさ オクラ農家 稲田秀敏さん 香代子さん

JAあまくさ オクラ農家 稲田秀敏さん 香代子さん

夫婦二人三脚で。

オクラの葉はかぶれやすく“収穫の時は、帽子とタオルは欠かせないんです”と、さわやかな笑顔で語る香代子さん。午前中は秀敏さんとともに収穫を、午後はオクラを傷つけないようにネットに詰める作業を黙々とこなしています。秀敏さんと香代子さんが出会ったのは、中学生のころ。二人で支え合い長い年月が経った今、香代子さんへの感謝の思いでいっぱいだと語る秀敏さん。「妻の明るい笑顔には、いつも励まされていますね」。

 

湧き水を引いたオクラ水田

手入れをすればするほど、
オクラは応えてくれる。

“柔らかくてみずみずしいオクラを育てる一番の条件は、豊かで清らかな水”と語る秀敏さん。3月頃、レタスの収穫が終わった畑にオクラの種を植えます。花芽がつくころになると、その圃場に倉岳の湧き水を引き、くるぶしがつかるほどふかふかの水田を作り、根が張りやすい状態をつくります。その後、6月〜11月の収穫期が終わるまで、バーク堆肥(*)をほどこしたり、こまめな剪定を行うなど、細やかな手入れが欠かせません。「手をかければ、かけた分だけ応えてくれるんです」。また、オクラは一つの圃場で3年に1度しか作らないのだそうです。「おいしいオクラをつくるためには、土をゆっくり休ませ、力を蓄えさせることが大事なんです」。毎朝6時には収穫を始めるという稲田さんご夫婦。丁寧にネットに詰め、新鮮なうちに関東や関西などの市場に送ります。

*バーク堆肥…豚糞と樹木の皮を混ぜた堆肥

オクラの葉は、かぶれる人もいるため、タオルや手袋などが欠かせない

80代の先輩たちには、負けられない。

倉岳町では、80代のオクラ農家の方が現役で頑張っています。「わたしはまだまだ若手。先輩たちには負けとられません。これからも、さらにおいしくて安全・安心なオクラづくりにチャレンジしていきたいですね」と、秀敏さんは目を輝かせます。「わたしの夢は、天草をオクラの島にすること。オクラづくりで培ったノウハウを皆さんに伝えていきたい」と力強く語ってくれました。

 

JAかみましきトマト農家 藤原修一さん 知恵美さん

取材日 平成23年9月14日


JAあまくさ
http://www.jaamakusa.or.jp