SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはGlobalSign社のSSL証明によって通信の安全が確保されています

家族、仲間とともにメロン栽培にかける日々。 JA熊本うき メロン生産者 徳永壽一さん・みどりさん

 

熊本県の中央に位置し、海と山に囲まれた熊本県宇城市(うきし)。ここでメロンづくりに励むのが、徳永壽一(とくながじゅいち)さん(62歳)・みどりさん(58歳)ご夫婦です。取材に伺った日は、息子夫婦である龍司(りゅうじ)さん(30歳)・理恵(りえ)さん(33歳)とともに、秋冬用アールスメロンの収穫に精を出していらっしゃいました。

どんな時でも前へ。

宇城市小川町で“観音山(かんのんさん)”の愛称で親しまれる小高い山の裾野に、徳永さんのビニールハウスはあります。徳永さんは「アンテナ」と呼ばれるT字のツルの部分を傷つけないように、丁寧にアールスメロンを収穫していました。収穫時期は、12月のほんの1ヶ月程度ですが、その間におよそ10000個ものメロンを出荷するのは、大変な作業です。
徳永さんが、アールスメロンの栽培を始めたのは17年前。それまでは、父の後を継ぎ、たばこの専業農家でした。

細い縞模様と黒い果皮が印象的な黒小玉スイカ。

メロンの声が聞こえる。

「メロンはとっても繊細。ハウスの中は、天候の影響を受けないと思っている人も多いんですが、とんでもない。毎年、一年生のような気持ちで取り組むことが大事なんです」。思い通りにならない日々を乗り越えさせてくれたのが、親身になって相談に乗ってくれたアールスメロン生産者の先輩たち。仲間のアドバイスを胸に、葉や茎、土の状態を細かく観察しながら手入れをすると、だんだんとメロンの声が聞こえるようになったと語ります。

お孫さん

家族みんなでつくるメロンには
 特別なおいしさが…

9年前に、息子の龍司さんとその奥様の理恵さんも、一緒にメロン作りに取り組むようになりました。「お盆に帰省した龍司が“農家を継ぎたい”と言った時は、びっくりしました。最初の3年くらいはかなり厳しく教えましたが、もう大丈夫」と目を細めます。現在は、4人のお孫さんに囲まれて、同じ敷地内で賑やかに暮らしています。「4人の孫たちは、我が家のメロンが大好き。みんなよくハウスに遊びに来るんですよ。そして、わき芽摘みを教えると、上手にお手伝いしてくれるんですよ」と、お孫さんがかわいくてたまらない様子のみどりさん。そんなみどりさんは、(社)熊本県野菜振興協会 女性部長会部長として、女性生産者たちの頼れる存在。野菜ソムリエでもあり、野菜や果物の実演販売などを通じ、地域の食材の魅力を発信しています。

熊本県産アールスメロン

JA熊本うき
http://www.jauki.or.jp

 

ハウスの風景

もともと有数のプリンスメロンの産地だったこの地で「新しい挑戦をしたい」という思いから、アールスメロン生産者としての一歩を踏み出した徳永さん。最初は試行錯誤の連続だったと語ります。水やりや温度、湿度管理など、教科書通りに手入れをしても、相手は生き物。思うように収穫できない時もあったと当時を振り返ります。新しい挑戦をしたいという思いから、アールスメロン生産者としての一歩を踏み出した憶覆気

 

ただひたすら湧水を畑に運ぶ。

“苦労した分だけ、メロンはこたえてくれる”と語る徳永さんが、徹底してこだわっているのが水。もともと農業用水が豊富な小川町ですが、徳永さんが納得するわき水は遠くにあるため、車に乗せたタンクで畑へと運びます。「1000リットルの水を運ぶのは重労働ですが、よか水ばやると玉にしっかりと甘みが乗ります」。生育の段階で摘果し、一つの苗にたった一玉しか実ることがないアールスメロン。選ばれた一玉は、子どもを慈しむように大切に手入れされ、さわやかな香りとすっきりとした甘さの一玉に育ちます。

アールスメロン さわやかな香りとすっきりとした甘さの一玉

親元を離れて暮らすサッカー少年たちの
 喜ぶ顔が嬉しい。

毎年12月に、サッカー選手を養成する「JFA熊本うきサッカーアカデミー」に通う18人の子どもたちを招き、「メロンにお絵描き収穫体験」を開催している徳永さん。「子どもたちがメロンに描いた絵や文字が、収穫時にはネットとしてくっきりと浮かび上がって大喜び!収穫したメロンは子どもたちが家族へのお土産に持って帰っています。今年で4年目になりますが、みんなの喜ぶ顔を見ると、改めて、いっちょがんばろうという気になりますね」。
「今年もおいしいメロンができて嬉しい」。2012年最後のアールスメロンの収穫を終え、ほっとした表情の徳永さん。夕刻、日が陰ると観音山の青く深い屋根から、ひんやりとした冷気が降りてきました。
春からは引き続いてクインシーメロンの栽培が始まります。

 

取材日 平成24年12月19日