SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはGlobalSign社のSSL証明によって通信の安全が確保されています

JAかみましき スイートコーン生産者 長野次郎さん 和代さん(母)

一つ一つ確かめながら

鮎釣りが解禁したばかりの6月の緑川は、太陽の光を受けてきらきらと輝いていました。川の西側に位置する広々とした大地では、スイートコーンだけでなく、麦やブロッコリーなど、さまざまな作物が豊かに実っています。川風を受け、青々とした葉を揺らすスイートコーン畑では、真剣なまなざしの長野さんが、実の入り具合を一つ一つ指で確かめながら、収穫作業の真っ最中。露地栽培のスイートコーンの収穫時期は、6月の約一カ月程度ですが、朝5時頃から畑に出て、毎日1000本以上ものコーンを出荷する忙しい毎日です。

真剣なまなざしの長野さん

細やかに手をかけて

高校を卒業した長野さんは、自然相手の仕事の大変さを実感したと語ります。「どんなに手をかけて育てても、最後は天候と折り合いながらの仕事。マニュアル通りにはいきませんね」。天候の影響を受けやすい露地栽培のスイートコーンは、細やかな作業が欠かせません。まだ肌寒い3月に定植した後は、朝霜から守るためにトンネルをかぶせたり、170センチほどの高さに伸びる茎をしっかりと支えることができるよう、根を張らせるために、畑を深く耕すなど、スイートコーンにとって最適の環境を整えます。

スイートコーンの収穫

収穫後はできるだけ早く消費者の皆さんへ

受粉をした後は、虫が好む雄穂をすぐに刈り取り、害虫が来るのを防ぎます。実が太り、絹糸が黒褐色に色づいてくると、うまく受粉した証拠。その後、水やりなどの作業を続けながら30日ほどして実がしっかり詰まってきたら、朝の涼しい時間に収穫します。
「収穫してからも、手が抜けないんですよ」と笑う長野さん。収穫後、時間の経過とともに甘みを失うスイートコーンは、出荷もスピード勝負。朝露がついたスイートコーンを、軽トラに乗せて作業場へ運び、すぐに箱詰め作業に取りかかります。一番根元の“茎”の部分を丁寧に切り落とし、指の感触で、実の入り具合を再度確かめてから、薄緑色の皮を一つ一つ丁寧にタオルで拭きあげます。保冷剤と一緒に箱詰めし、選果場に運んだ後は、その日のうちに関東方面へと出荷されます。

時間の経過とともに甘みを失うスイートコーンは、出荷もスピード勝負。

 

長野さんのスイートコーン畑

祖母、母と共に生産者としての一歩を

甲佐町では、以前からとうもろこし栽培が行われてきました。かつては「アルテミス」と呼ばれる白と黄色が混じったとうもろこし栽培が盛んでしたが、生でもおいしく食べることができるほど糖度の高い(約17度)新品種「味来(みらい)」が作られるようになったのが15年ほど前。当時、メロンや野菜などを生産していた祖母の紀久子(きくこ)さん(79)と和代さんが、本格的にスイートコーンの栽培を始めたのもちょうどこの頃でした。長野さんはその5年後に高校を卒業し、祖母、母と共に、スイートコーン生産者としての一歩を踏み出しました。長野さんのスイートコーン畑

1本のスイートコーンを作るために、
 受粉のチャンスは一度だけ

一つの茎から収穫できるスイートコーンは、たったの1本だけ。だからこそ「受粉の時はとても気をつかいます」と長野さん。1本の茎に、雄穂(おすほ)と雌穂(めすほ)が咲き、雄穂の花粉が風に乗って、雌穂の絹糸(けんし:ヒゲの部分)にタイミングよく受粉しないと、実がなりません。「メロンなどほかの作物は、何度か花が咲くので、どれか一つに受粉すればよいのですが、スイートコーンは受粉のチャンスが一度だけ。この時期に、雨が降ったり、風が吹かなかったりすると、実がならないんですよ」。

スイートコーンの収穫

仲間とともに切磋琢磨
「 待っている人がいる限り、作り続けたい」

JAかみましき「スイートコーン部会」のメンバーとともに、農業研修などを行い、切磋琢磨しながら絆を深める長野さん。3年前に結婚し、妻のユカさん(29)も加わり、家族4人で力を合わせながら作業に励んでいます。娘の絢芽(あやめ)ちゃん(2)もスイートコーンが大好き。糖度が高く、ぷちぷちとした食感に、毎年長野さんのスイートコーンを待ちわびる方も多いそうです。
「これからも新しい品種にも挑戦するなど、もっともっと精一杯頑張りたいと思います。スイートコーンって、外から見ても味がわからんでしょう?だからこそ信用が一番大事。ますます皆さんに喜ばれるスイートコーンを作っていきたいですね」と迷いのない力強い言葉で語ってくれました。

スイートコーン

JAかみましき
http://www.ja-kamimashiki.or.jp/
 

取材日 平成27年6月4日