SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトはGlobalSign社のSSL証明によって通信の安全が確保されています

畑の風景〜いのち育む JA菊池甘藷(かんしょ)農家 中野 信登さん・イツ枝さん

遠くに阿蘇外輪山をのぞむ熊本県大津町は、熊本県隋一の甘藷(サツマイモのこと)の産地として知られています。「どこにも負けない甘藷をつくりたい」と語るのは、この地で40年間、甘藷づくりに取り組んでいる中野信登(のぶと)さん(60歳) と妻のイツ枝(いつえ)さん(59歳) です。

大地に汗し、二人三脚で歩む。

ホクホクとした食感と自然な甘み。大地の力をたっぷりとすくい取り、紅色に輝く熊本県大津町の甘藷は、出荷の最盛期を迎えています。甘藷農家の仲間たちと創意工夫を重ね、甘藷づくりに取り組む中野信登さんたちを訪れた日は、妻のイツ枝さんとともに掘り取り作業の真っ最中でした。
まるで我が子をいつくしむように土を払い丁寧にヒゲをとった後、コンテナへと運ばれる甘藷は「高系14号」という種類のもの。黄白色の肉質は、じっくりと火を通すことで甘みを増していきます。
「今年は、型が大きくとっても甘いサツマイモができています」と自信をみせる信登さん。阿蘇の火山灰からなる水はけのよい大地と、朝晩の寒暖の差が、この地に江戸時代から良質の甘藷を育みます。

JA菊池

大地に汗し、二人三脚で歩む。

大地に汗し、二人三脚で歩む。

日本一の甘藷」を目指して

3月の苗床作りから4月の定植、秋以降の収穫にいたるまで「手を休めたことはない」と語る信登さん。相手が自然であるがゆえに、40年の道のりは決して平坦なものではありませんでした。それでも、妻のイツ枝さんとともに大地と向き合い、消費者の皆さんに安心できる最高においしい甘藷をお届けしたいというお二人のひたむきな思いが伝わってくるようでした。「好きな言葉は努力」。寡黙な中に「シン」の強さを感じさせる信登さんと、明るく笑顔いっぱいのイツ枝さん。まさに大津の甘藷のように、ホクホク感を感じるあたたかいお二人でした。

JA菊池
http://jakikuchi.jp/

日本一の甘藷」を目指して

取材日 平成21年11月13日