HOMEへもどる

肥後グリーンメロン販促

2017年06月15日(木) 16:06

皆さんこんにちは。

6月に入り梅雨の季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

東京も梅雨入りの発表はございましたが、空梅雨と申すのでしょうか、晴天が続いているところでございます。

 

さて、熊本県産の春夏時期の野菜・果実もいよいよ終盤を迎えてまいりました。

本日ご紹介いたしますのは、14日に「小田急OX」様で実施いたしました、肥後グリーンメロンの試食宣伝についてでございます。

経堂店、新百合ヶ丘店、相模大野店の合計3店舗で実施いたしました。

 

【肥後グリーンメロン】

母親をデリシーの分系、父親をゴールドバンビと天恵(アールス)の掛け合わせで育成した、大果でボリューム感あふれるネットメロンです。
高糖度で日持ち性に富み、食味の良い果肉を目標に育成された品種で、糖度は16~17と高く、繊維がなく、多汁であっさりした食味が特徴となっています。
育種メーカーで品種確立したのは昭和61年ですが、同年には熊本県に紹介され、平成元年にはこのメロンの特徴である外観と果肉の色、そしてグリーンの爽やかなイメージから「肥後グリーン」と命名されました。
現在では、熊本県の主力品種として、各地の消費者の皆様に愛されるメロンのひとつになっています。

(出典元:熊本県青果物消費拡大協議会ホームページ

 

肥後グリーンメロンは熊本県のメロン類の中でも最盛期が最も遅く、6月にピークを迎えます。

カットして試食を提供いたしますと、お食べになったお客様からは「美味しいです」、「大変甘いですね」とのお声を多く頂きました。

「肥後」の名を持つだけあって市場内では根強いファンもおり、その美味しさには定評があります。

お店でお見かけになりましたら、是非お手にとってみてはいかがでしょうか。

今後とも熊本県産の美味しい青果物をよろしくお願いいたします。

 

 

コメント(1)

コメント

Nana|2017年6月16日 12:14 PM

肥後グリーン、大好きです。スイカもメロンも楽しめる初夏は、どちらを買おうかとスーパーでいつも悩みます(^^)

コメントの投稿