数鹿流ヶ滝(阿蘇郡南阿蘇村)

数鹿流ヶ滝(阿蘇郡南阿蘇村)

阿蘇五岳と北外輪山に囲まれた「阿蘇谷(あそだに)」を流れ、田畑を潤す黒川。その黒川の下流にある数鹿流ヶ滝は、落差60メートルの滝で、「日本の滝百選」に選ばれています。うっそうとした森に覆われ、岩肌を勢いよく滑り落ちるダイナミックな爆流が印象的です。

《数鹿流ヶ滝の名前の由来伝説》
阿蘇カルデラは、かつて水を満々とたたえた湖でした。阿蘇大明神は、ここを実り豊かな地にしようと外輪山の一角を蹴破って水を流し、開拓したと伝えられています。この時、水と一緒にこの滝から数多くの鹿が流れ落ちたことから「数鹿流ヶ滝」と名付けられたという伝説も残ります。今も豊かな農作物をはぐくむ阿蘇は、2013年5月「世界農業遺産」に認定されました。


野菜王国くまもと(水の風景)に戻る