簡単にできる!お宅の一品拝見

プレゼントの野菜は季節によって変わります野菜を使った簡単にできるお料理、
お宅の一品を教えてください。

パソコンやスマートフォンから簡単に応募できます。
「お宅の一品拝見」のページでご紹介させていただいた方には 「熊本の野菜詰め合わせ」をプレゼントいたします。
※編集の都合上、ご紹介できない場合もありますので何卒ご了承ください。

投稿はこちらから



野菜別レシピページ
このページは新しい
ご投稿レシピの順にご紹介しています。

「とってもヘルシー!キャベツと大豆ミートの皿うどん!!」(ポモドーロさんからの投稿)

とってもヘルシー!キャベツと大豆ミートの皿うどん!!

とってもヘルシーですが、しっかり食べ応えのある一皿です。キャベツと大豆ミートの相性はばっちりです。大豆ミートに下味をしみこませておくことで、味も食感も、本当のお肉を食べているようです。 小学生の子供も、「本当のお肉みたい!」と言って食べてくれます。キャベツもおいしく、野菜をたっぷりとることができます。

材料

・キャベツ・・・1/2個
・大豆ミート(フィレタイプ)乾燥した状態で100g程度
・うどん・・・2玉
・ショウガ・・・小さじ1程度
・オリーブオイル、めんつゆの素(大豆ミート用・うどん用)
・塩、コショウ・・・適宜

作り方

1)キャベツを洗い、一口大に切る。大豆ミートは袋の表示の通りお湯で戻し、しっかりと水を切り、すりおろしたショウガ・塩・コショウ・めんつゆの素に5分程度漬け込み、味をしみ込ませる。
2)フライパンに、オリーブオイルを入れ、下味をつけた大豆ミートを並べ、その上にキャベツを置く。
3)弱火で蓋をし、時々、 焦げ付かないようにフライパンをゆする。キャベツが少ししんなりしてきたら全体をかき混ぜる。
4)うどんをゆで、水切りをする。
5)うどんに薄めためんつゆの素 (めんつゆの素:水=1:5くらい)をかける。
6)味付けしたうどんを器に盛り、その上に(3)を盛り付ける

高たんぱく質で食物繊維が豊富な食材として注目を集めている大豆ミート。たっぷりキャベツと組み合わせた簡単でヘルシーなレシピですね。大豆ミートに下味をつけることで、お子様でもおいしく食べることができるように工夫なさっているのが、グッドアイデアです。

「熊本県産の生栗から作っちゃいました!簡単で美味しい栗のお菓子!!」(ポモドーロさんからの投稿)

熊本県産の生栗から作っちゃいました!簡単で美味しい栗のお菓子!!

美味しい栗の季節になると、栗ご飯だけでは物足りず、このお菓子も作ります。あっという間にできてさっぱりとしているので我が家では煮豆と同じ感覚でいただいています。甘さは、お砂糖の量を調節してお好みの甘さで作ってください。渋皮をむくときに崩れてしまった栗を使うと、栗の内側まで甘く美味しく出来上がります。出来立ての温かい栗も美味しいですが、次の日にいただくとお砂糖とバターが栗になじんでしっとりとして美味しいです。おやつにも、アイスクリームに添えてもアイデア次第で色々活用できます。

材料

・生栗・・・10個
・バター・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ2〜4
・塩・・・適量

作り方

1)生栗を一晩水につける。
2)お鍋に一晩水につけた生栗、栗がひたひたになるくらいの水、塩を小さじ2杯くらい入れる。沸騰後10分したら弱火にして40分ゆでる。
3)火を消したらそのままの状態にしておき、粗熱が取れたら皮をむく。
4)フライパンにバターと砂糖を入れ、少し溶けてきたら栗を入れる。
5)バターが焦げないようにかき混ぜながら、トロっとなるまで2〜3分間火にかける。最後に2つまみくらいの塩を入れる。
6)お皿に盛りつける。

栗のスイーツを自宅で作るのは、なかなか難しくて敬遠しがちですよね。ご紹介いただいた栗のレシピは、時間があるときに下処理さえしておけば、バターと砂糖でさっと炒めるだけという手軽さがよいですね。この時期ならではの栗のお菓子を、毎年ご家族も楽しみにされていることでしょうね。

「さっぱり!!熊本県産ナスときゅうりのサイコロ小鉢」(ポモドーロさんからの投稿)

さっぱり!!熊本県産ナスときゅうりのサイコロ小鉢

調理時間は10分くらいなので、暑い夏でも手早く作れる一品です。ナスが小さく切ってあるので、焼く時間も5分くらいで出来上がります。ドレッシングは、中華ドレッシングがない場合は、ゴマ油とめんつゆの素やお醤油を混ぜ合わせたものでも美味しく作れます。我が家では、揚げ物に添えたりしますが、暑くて食欲のない日でも「さっぱりしていて美味しい!!!」と家族に好評です。

材料

・ナス 1本
・キュウリ1本
・オリーブオイル
・塩 適量
・中華ドレッシング 適量

作り方

1)キュウリは皮をシマシマにむき、食べやすい大きさにサイコロ状に切り、軽く塩をふる。ナスもキュウリと同じ大きさに切る。
2)フライパンに少し多めのオリーブオイル、ナスを入れ、蓋をして蒸し焼きにする。全体がシナっとしたら火を止める。
3)カットしたキュウリの水分をふき取り(2)のナスと合わせ、中華ドレッシングをかけてしばらく置いておく。
4)器に盛り付ける。

とろっとしたナスとシャキッとしたきゅうりの食感が合いそうですね。野菜をサイコロ状に細かくカットすることで食べやすく、小さい子どもさんでもおいしく食べてくれそうです。

「作り置きに最適!!熊本県産夏野菜のみそ炒め!!!」(ポモドーロさんからの投稿)

作り置きに最適!!熊本県産夏野菜のみそ炒め!!!

調理も簡単で、冷めてもとても美味しいので、私はいつも多めに作り、次の日のお弁当に入れたり、箸休めの小鉢として重宝しています。合わせ調味料の水の量が少ないと感じるかもしれませんが、野菜からも水分が出るので大丈夫です。合わせ調味料の水を多めにすると、長時間グツグツ煮ることになり野菜がトロトロになってしまい、味も薄くなりがちです。パプリカを使うことによって味がマイルドな仕上がりになり、子供から大人まで美味しくいただけます。我が家の子供はご飯の上にのせ、「夏野菜のみそ炒め丼」にしていただいています。

材料

・ナス 大きめのもの1本
・パプリカ 1個、
・ニンジン 1本
・オリーブオイル適量
(合わせ調味料)
・味噌 小さじ2〜3杯
・だしの素 小さじ1〜2杯
・水 約50cc

作り方

1)野菜は洗い、ニンジンは短冊切り、ナスは乱切り、パプリカはニンジンと同じ長さになるように切る。
2)鍋にオリーブオイルを入れ、ニンジン→ナス→ パプリカの順に重ねて入れ、蓋をする。
3)弱火でそのまま蒸し煮し、ニンジンに火が通ってきたら、合わせ調味料を加え全体を混ぜ合わせる。少し煮詰まったら火を止める。
4)器に盛り付ける。

温かくしても冷たくしても、ご飯にのせてもおいしく食べることができる万能副菜ですね。作り置きすると味がなじんでさらにおいしくなりそうです。発酵食品である味噌には夏バテで不足しがちなビタミンB2やカリウムがたっぷり含まれています。野菜の栄養素と組み合わさって、栄養のバランスもよいですね。

「簡単!!フルーツトマトと鶏肉の冷やしうどん」(ポモドーロさんからの投稿)

簡単!!フルーツトマトと鶏肉の冷やしうどん

フルーツトマトの甘みと、うどん・めんつゆの相性が良く、彩りも鮮やかで、暑い日でもサッパリといただける一皿です。準備も簡単なので我が家では定番のお料理です。鶏肉はお好みで添えてください。私は一皿で栄養のバランスを取りたいと思い鶏肉を添えましたが、トマトとうどんだけでもとても美味しい一皿です。鶏肉をカニカマに変えても、みょうがを混ぜても美味しいです。

材料

(2名分)
・フルーツトマト10個
・うどん人数分
・あさつき少々
・めんつゆの素適量、
・鶏肉1〜2枚(鶏肉はあってもなくてもOK。ささみや胸肉だとさっぱりした仕上がりに、もも肉だとしっとりした仕上がりになります。*コンビニのサラダチキンを使えば簡単です。)

作り方

1)フルーツトマトを洗い、食べやすい大きさに切る。
2)あさつきを小口に切る。
3)鶏肉は食べやすい大きさに調理をする。蒸しても炒めてもよい。
4)めんつゆの素を表示の通り薄める。
5)うどんを茹で、冷水で冷やす。
6)器に、うどん、フルーツトマト、鶏肉を盛り付け、上からめんつゆを回しかけ、あさつきを散らす。

カラフルで涼しげ、見るからに食欲をそそる一皿です。暑い時期は、ついつい食事が「冷たい麺類だけ」なんてことになってしまいがちですが、野菜やたんぱく質も一緒に取れるので、栄養バランスがよいのも魅力です。何より、麺をゆでている間にトマトとチキン、あさつきを準備して、盛り付けるだけ!という手軽さがうれしいですね。