HOMEへもどる

視察同行

2011年09月18日(日) 12:43

※この記事は旧担当者(三池)の記事です。

皆さんこんにちは。

9月だというのになかなか涼しくなりませんよね?去年の9月もこんな暑かったかな?平均気温にしたら私の体感では1~2度くらい上がっているような気が・・・

 

早く涼しくなって、秋刀魚とか茄子とか食べながら秋を感じたいです。

 

まぁ、こんなことはどうでもいいのですが、9月16日にJA菊池・抑制胡瓜部会の皆さんと、 JA全農ふくれんさんの土壌診断センターと種苗センターへ視察へ行ってまいりました。ちなみに、土壌診断センターと種苗センターは同じ場所にあります。

 

まず、場長より施設の概要などの説明をしていただき、土壌診断に使用する機械などの説明をしていただきました。

 

↑こんな感じで理科室みたいです。

 

 

↑これが、種苗センターを遠~くから見た写真です。

 

↑近くでみるとこんな感じで耐候性ハウスが連なっております。資料によると温室2連棟7棟とのことで、結構広く、東京ドーム何個分ってほど広くはないですが、なかなか広く感じました。

 

↑ハウスの中はこのようになっており、今の時期が一番忙しい時期というのもあり、みなさん出荷作業に忙しくされておりました。

 

今回視察を受け入れてくださったふくれん土壌診断センター・種苗センターの皆様につきましては、丁寧に説明してくださり、質問にも答えていただき、非常にいい視察ができました。

 

いろいろ競合する福岡県ですが、互いに切磋琢磨し、良い品物ができるよう今後も情報交換に勤めていきたいと思います。

コメント(0)

コメント

コメントをお寄せください

コメントの投稿