HOMEへもどる

東京都中央卸売市場(大田市場)概況11/16

2020年11月16日(月) 13:46

早くも11月が半分過ぎてしまいました。

紅葉が綺麗な季節です。

コロナ対策をしっかり講じながら、この秋も楽しみましょう。

そして、12月・年末年始も楽しく過ごしたいですね。

[大田区 最高:21℃ 最低:10℃]

——————————

[青果部]

——————————

野菜類は、重量野菜を中心に入荷が増量しており、荷動きは鈍く相場は下げ基調です。

トマト類は、本県・愛知・静岡等の秋冬産地の入荷です。各地現状は微増傾向ですが、今後の増量を見越して相場を緩めながら売り込みをかけています。

なす類は短なすが先行して増量しており、弱含みの相場となっています。

きゅうりは関東抑制・九州促成産地が微増となったことから相場は弱含みの展開となっています。

キャベツや白菜等の重量野菜が潤沢な入荷となっており、厳しい販売環境となっています。これらは鍋商材として一段と相場を下げながら売り込みを図っています。

——————————

果実類は、早生みかん・柿を中心とした販売となっています。みかんは早生種に切替っていますが、全国的な大玉傾向の為、L以上売れ行きがやや苦戦している様子です。

いちごは「とちおとめ」中心の入荷となっています。11/16は福岡県産「あまおう」が初入荷となりました。量販では徐々にいちごの売り場が広がってきています。また、いちごの輸入が減少していることから、業務向けの小粒に不足感が強いです。

アールスメロンは静岡・本県が増えきらないことから品薄傾向が続いており、連休に向けた注文が入っていることから、堅調な相場展開となっています。

——————————

[花き部]

11/22「いい夫婦の日はカスミソウを贈る日」が近づいています。

それに伴い、今週の東京事務所員は各市場に散らばるかたちでセリ前挨拶を実施中です。

併せて、各市場にて展示をして頂いております。

——————————

@世田谷花き SETAGAYA BASE(世田谷市場)

——————————

@フラワーオークションジャパン(大田市場)

——————————

@大田花き(大田市場)

——————————

@東京フラワーポート(葛西市場)

——————————

@第一花き(北足立市場)

——————————

@銀座熊本館(有楽町)

 

コメント(0)

コメント

コメントをお寄せください

コメントの投稿