通潤橋(熊本県山都町)

通潤橋(熊本県山都町)

江戸時代(嘉永7年・1854年)、水不足に悩んでいた農民を救うために惣庄屋・布田保之助(ふたやすのすけ)が、“肥後の石工”たちの技術を用いて建設した日本最大級の石造りアーチ水路橋です。 高さは20.2m、長さは75.6mあり、橋の上部にサイフォンの原理を応用した3本の石の通水管が敷設され、今でも周辺の田畑を潤し多くの恵みをもたらしています。 また、国の重要文化財に指定されている通潤橋の放水は豪快で、迫力のある光景を楽しむことができます。


野菜王国くまもと(水の風景)に戻る